ホームページ / 介護と福祉 / 在宅型介護サービス

在宅型介護サービス

ケアマネージャーの確保と質の向上がカギ

ケアマネージャーの確保と質の向上がカギ

介護保険制度では、居宅介護支援は独立したサービスになっていますあがここでは便宜的に在宅介護支援に含めます。 居宅介護支援は、ケアマネジャーによる介護サービス計画(ケアプラン)作成と、その計画に基づいたサービス事業者への依頼や連絡、調整などを手掛けるサービスのことです。 このケアマ …

続きを読む »

日本の在宅ホスピス

日本の在宅ホスピス

末期がんなどのような、余命が残りわずかと診断された患者が、安らかに最期を迎えられるように疼痛を抑えたり、精神的なサポートをすることを、ホスピスケアと呼びます。 現在、ホスピスケアはようやく施設が増えてきたところで、国内ではまだまだ整備、浸透されていないサービスです。 これは日本の …

続きを読む »

かかる配達コストが課題

かかる配達コストが課題

在宅の高齢者の方に向け、食事を自宅に届けるというサービスが、配食サービスです。 この配食サービスは原則として介護保険の給付対象ではありません。 つまり「横出しサービス」と呼ばれるものの一つです。 ただ、老人福祉施策の一つとして、自治体から委託された営利、非営利法人の事業者が助成金 …

続きを読む »

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導

ケアプラン作成にも影響が 病院や診療所、もしくは薬局の医師や歯科医、薬剤師、歯科衛生士や栄養管理士などが利用者の家を訪問し、要介護者が出来るだけ自立した生活を送れるように支援するのが、居宅療養管理指導というサービスです。 居宅療養管理指導について、専門職ごとに解説していきます。 …

続きを読む »

ニーズは高いものの供給が足りていない

ニーズは高いものの供給が足りていない

ショートステイとは、認定を受けた施設に短い間滞在し、入浴や食事などの生活介護、リハビリなどを行う短期入所生活介護。 看護、医学的な管理がされているところで特殊な介護、リハビリを行う短期入所療養介護。 の二つのことです。 短期的に施設に入所するため、介護を行ってきた家族が病気になっ …

続きを読む »

収益性が高いサービス

収益性が高いサービス

主治医がリハビリの必要を認めた介護者が、自立した生活ができるよう施設や病院、診療所などで行うのが通所リハビリです。 訪問リハビリのように、理学・作業療法士、もしくはリハビリ経験のある看護師とともに行うもので、心身機能の維持、回復を目的に行います。 これは18年の改定で言語聴覚士も …

続きを読む »

急増する民間企業の参入

急増する民間企業の参入

利用者の方が、デイサービスセンターのような日帰りの介護施設に通い、入浴や食事などの介護や日常生活の相談などを受けるサービスを通所介護(デイサービス)と呼びます。 自宅から施設までの送迎サービスもあり、施設では陶芸や生け花、歌などの様々なレクリエーションを通して、利用者の心身機能の …

続きを読む »

自立生活のための心身機能維持回復

自立生活のための心身機能維持回復

訪問リハビリテーションは、病院や診療所、介護老人保健施設にいる理学・作業療法士が利用者の家を直接訪問して、その方に沿ったリハビリを行うサービスのことです。 理学療法とは、日常生活動作の訓練を行う、運動療法、電気刺激やマッサージなどで刺激を与える物理療法、幹部や関節を温める温熱療法 …

続きを読む »

介護保険と医療保険

介護保険と医療保険

訪問看護とは、その要介護者の主治医の判断により訪問看護ステーション、病院や診療所などから、看護師、理学・作業療法士などが要介護者宅を訪問して行うサービスです。 具体的なサービスの内容は、療養上の介助、医師の指示のもとで行う診療補助、リハビリ、医療措置やその他についての相談などの家 …

続きを読む »

重度の要介護者が主な利用者

重度の要介護者が主な利用者

入浴とは、心身の清潔を保つのと同時に精神的な満足感、マッサージ効果もあるとても健康的な行為です。 しかし、身体にはかなりの負担がかかるため、体調の急な変化などに十分に注意しなければなりません。 訪問入浴介護サービスは、看護職員1名、介護職員2名の体制で行うのが通常です。 利用者の …

続きを読む »