ホームページ / 介護と福祉 / サポート型介護サービス

サポート型介護サービス

介護サービスの第三者評価を義務化

介護サービスの第三者評価を義務化

介護保険制度のスタートにより、これまで社会福祉法人、自治体が担ってきた介護事業にも民間企業のようなサービス精神、経営理念が必要になり始めています。 例えば、特養は民間企業、営利法人の経営は認められていませんが、構造改革特区により公設民営方式かPFI方式の民間参入が認められました。 …

続きを読む »

バリアフリー海外旅行

バリアフリー海外旅行

介護保険制度は、日常生活の介護にしか適用、給付されません。 しかし、要介護者でもスポーツや芝居などを観たり、旅行などで外出したいという方はとても多いものです。 外出は介護予防に大いにつながるうえに、要介護状態の改善にも少なからず役立つため、リフレッシュ、娯楽の整備も急務となってい …

続きを読む »

利用者の信頼を得るために行う介護

利用者の信頼を得るために行う介護

排せつは、生まれた時から生を終える時まで、欠かさずに行う必要がある、とても大切な行為です。 健常者も高齢者も、要支援・介護者も関係なく必要なことですが、高齢者や要介護者にとっては難しくなることもあります。 しかし、だからといって軽い尿漏れなどで困るというだけでおむつをはかせてしま …

続きを読む »

御用聞きの介護サービスや理美容師も

御用聞きの介護サービスや理美容師も

高齢者、要介護の方に必要なサポートはたくさんあり、企業やNPOだけに限った事ではありません。 例えば一般家庭をメインのターゲットにしている企業や、町の普通の商店街なども介護保険の対象にならない、様々なサービスを開始しています。 愛媛県大洲市の大洲肱北商業協同組合は、平成14年から …

続きを読む »

赤外線センサーを用いて24時間モニター可能

赤外線センサーを用いて24時間モニター可能

家に同居する家族がいない場合、緊急時に家族や病院などに連絡が行く緊急通報装置はいくつかありますが、通報用のボタンなどが手元なければ意味がないというのが問題でした。 たとえ持っていても発作などで体が動かず、ボタンを押せないということもあり、大きな課題となっていました。 そこで登場し …

続きを読む »

介護予防として注目を集める健康管理システム

介護予防として注目を集める健康管理システム

平成18年の改定で介護予防サービスはより強く重視されるようになりました。 この在宅健康管理システムも、各地の自治体が実験的に行ってきましたが、なかなか普及しないシステムでした。 しかし、糖尿病や心臓病、高血圧といった持病を持つ高齢者に対し、介護予防という観点から健康管理システムを …

続きを読む »

介護報酬制度改定と介護タクシー

介護報酬制度改定と介護タクシー

介護タクシーサービスは厚労省と国交省の見解食い違い、法整備の遅れなどからスタート当初から混乱が起きたサービスです。 介護タクシーの始まりは平成12年のことです。 福岡県のあるタクシー会社が、乗客の乗降介助の報酬として利用者から210円を受け取り、加えて乗車時間が30分未満未満の場 …

続きを読む »

悪質介護業者によるトラブル

悪質介護業者によるトラブル

要介護者が暮らす住宅で、様々な障害を減らすための改修のこよを、バリアフリー化などと呼びます。 このバリアフリー化には、以下の6種類が保険給付の対象となっています。 1 手すりの取り付け 2 段差の解消 3 滑り防止や、移動の円滑化などのための床、通路面の材料変更 4 扉の引き戸な …

続きを読む »

介護市場規模は1兆円を超える

介護市場規模は1兆円を超える

介護保険制度では、介護福祉用具はレンタル料と購入費が給付されます。 レンタルの対象は高価な13品目が対象で、購入による給付対象5品目が指定されています。 また、平成18年の改定で福祉用具販売の事業者指定制度が導入されており、利用者が用具の購入、レンタル後に領収書などを市町村に提出 …

続きを読む »