ホームページ / 介護と福祉 / 施設・住宅型介護サービス

施設・住宅型介護サービス

一般のアパートを転用したものも登場

一般のアパートを転用したものも登場

法律で定められた基準もなく、行政の支援も受けずに、独自でサービスを始めたという高齢者向け住宅も登場してきました。 ある程度自立した生活ができる、軽度の要介護者などの共同での生活を支援して、同時に介護サービスも提供するという形態のサービスです。 これをグループリビング、グループハウ …

続きを読む »

高優賃・高専賃を廃止

高優賃・高専賃を廃止

平成10年、建設省(現在の国土交通省)が創設したのが、高齢者向け優良賃貸住宅、いわゆる高優賃です。 建設省や各地方自治体が住宅を建設する事業者に対して建設費用の補助を行い、入居者に家賃の補助をして、高齢者向けの安価な賃貸住宅を確保するのが目的でした。 そして、平成18年の改定で新 …

続きを読む »

新型ケアハウスには民間も参入可能

新型ケアハウスには民間も参入可能

軽費老人ホームとは、老人福祉法に基づいた低額、または無料で入居でき、介護や日常生活の介助などのサービスを受けられる施設です。 これまで、介護保険の対象になる特定施設とは有料老人ホームと、軽費老人ホームの二つだけでした。 しかし、平成18年の改定でこのような条件を満たすところも対象 …

続きを読む »

民間企業のニーズは高く続々参入している

民間企業のニーズは高く続々参入している

有料老人ホームの中で、都道府県知事から「特定施設」という指定を受けた介護付き有料老人ホームは、介護保険から給付される居宅介護サービスをホームの中で受けられます。 反対に、指定を受けていない住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームなどもありますが、ここではそれらの有料老人ホームを …

続きを読む »

要介護5の方が入所者の半数を占める

要介護5の方が入所者の半数を占める

脳卒中や重大な心臓病など、急性期の治療が済んで病状が安定した要介護者が入所し、長期で療養する施設が、介護療養型医療施設です。 療養上の管理や看護、医学的な管理のもとでの介護やリハビリといったサービスを提供する施設です。 療養病床のある病院や診療所と、認知症疾病療養病棟のある病院と …

続きを読む »

家庭へ復帰することを目標としたリハビリ

家庭へ復帰することを目標としたリハビリ

介護老人保健施設は、入院の必要のない、病状が安定した要介護者に対し、自立と家庭への復帰を目標にした、医療や看護、介護、リハビリなどのサービスを提供する施設です。 特別養護老人ホームと病院の間に位置するような存在です。 ですので、介護老人保健施設は医師と看護師の常時配置が義務付けら …

続きを読む »

個室ユニットの新型化

個室ユニットの新型化

指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設。 この介護保険3施設の運営は、地方公共団体や医療・社会福祉法人など厚労省の大臣が定める非営利団体だけが行っています。 このうち介護老人福祉施設は寝たきりの方や認知症の方など、自立して生活を送るのが難しい要介護者を受け …

続きを読む »