ホームページ / 介護と福祉 / 介護サービス

介護サービス

介護・社会福祉士の現状と仕事

介護・社会福祉士の現状と仕事

以前は、高卒では養成施設で2年の研修、福祉系の大学を卒業した場合は1年の研修を終えれば、試験を受けずに介護福祉士の資格が取れました。 しかし、法改正によって平成27年度の養成施設卒業者から、国家試験が義務付けられました。 これにより当面の間、養成施設の卒業者は准介護福祉士という登 …

続きを読む »

ケアマネジャーの現状と仕事

ケアマネジャーの現状と仕事

要介護者の生活の質を上げるべく、さまざまな介護サービスを合理的に効率よく提供することを、ケアマネジメントと言います。 これは介護保険制度において非常に重要な肝となる概念の一つで、これを具体的にマネジメントをしていくのが、ケアマネジャー(介護支援専門員)という専門家です。 ケアマネ …

続きを読む »

ホームヘルパーの現状と仕事

ホームヘルパーの現状と仕事

ホームヘルパー(訪問介護員)になるためには各都道府県の指定した期間で、研修を終えなければなりません。 研修は各市町村、もしくは各市町村にある社会福祉協議会(社協)や農協、生協、専門学校や民間企業などでも実施しています。 ヘルパーの資格は20年度末までは1級から3級まで設定されてお …

続きを読む »

介護・福祉の専門職

介護・福祉の専門職

医師、看護師、理学・作業療法士といった、医学的な知識が必要な資格を持っている方を専門家と呼びます。 介護、福祉を専門とする介護・社会福祉士、ケアマネジャー、ホームヘルパーなどの資格を持っている方を従事者と呼びます。 近年、このホームヘルパーやケアマネジャーなど、介護福祉の従事者が …

続きを読む »

地域支援介護事業

地域支援介護事業

介護予防サービスで記した、1次予防、2次予防を実施するために行うのが、地域支援事業です。 1次予防は要支援、要介護認定を受けていない活動的な高齢者の生活機能を維持するための予防。 2次予防は、将来的に要介護状態になる可能性が高い、虚弱な高齢者を特定高齢者と位置づけ、早期に把握し、 …

続きを読む »

サポート型介護サービス

サポート型介護サービス

介護保険制度は要介護者の自立を助けるためのものです。 ですが、身体だけではなく、精神的、社会的にも自立していなければなりません。 要介護者が望む行為を、自ら、自発的に達成し、社会参加できることが必要です。 介護の仕事とは、見守り、指導や助言、介助、この3つに分かれます。 身体的な …

続きを読む »

地域密着型介護サービス

地域密着型介護サービス

平成18年の改定で、介護予防サービスとともに新設されたのが地域密着型サービスです。 主に中重度者を対象に、その地域の中で施設にいるかのように24時間、365日安心して暮らせる環境を整備するという目標を打ち出した内容です。 これは指定介護療養型医療施設が完全廃止され、退所を余儀なく …

続きを読む »

介護予防サービス

介護予防サービス

要支援や要介護1の軽度の方が増加し、それまでの介護サービスが状態の改善になっていないという判断のもとで導入されたのが、平成18年の改定でスタートした介護予防サービスです。 特に、訪問介護の生活援助サービスは必要以上の利用、不適切な利用があるという懸念を持ち、軽度者の生活援助サービ …

続きを読む »

居住型介護サービス

居住型介護サービス

居住型介護サービスには下記の3つがあり、介護保険3施設と呼ばれています。 「指定介護老人福祉施設」 「介護老人保健施設」 「指定介護療養型医療施設」 それぞれ特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群などとも呼ばれます。 指定業者は地方公共団体、医療法人、社会福祉法人などの厚 …

続きを読む »

在宅型介護サービス

在宅型介護サービス

在宅介護サービスとは、文字通りホームヘルパーさんなどが利用者の家を訪問し、利用者の方が家にいながらで介護サービスを提供することです。 制度上では訪問介護・看護などの訪問系サービスと、デイサービスやショートステイなどの通所系サービス、有料老人ホーム、福祉用具レンタルなども該当します …

続きを読む »