ホームページ / 介護と福祉 / 介護福祉ビジネス

介護福祉ビジネス

介護サービスの情報公表制度

介護サービスの情報公表制度

事業所ごとの介護サービスの質を、客観的に評価するシステムとは、これまでは都道府県公認の評価機関を用いた第三者評価、格付けなどでした。 平成14年からはグループホームも対象になり、平成17年度以降はグループホームには格付けや評価が義務付けられるようになりました。 しかし、他の在宅サ …

続きを読む »

介護事業提携と多角化・ワンストップ化

介護事業提携と多角化・ワンストップ化

要介護状態になったとしても、自宅で自立した生活をできるように手助けする、支援する仕事が、介護ビジネスです。 つまり、介護保険の給付対象になっているものだけを介護ビジネスというのではなく、人間が自立して生きていくのに必要な、ありとあらゆるサービスも介護ビジネスになりうるのです。 団 …

続きを読む »

介護報酬の請求業務

介護報酬の請求業務

介護報酬とは、サービス内容、サービスの時間、利用者の要介護などにより、事細かに単位が決められています。 さらに加えて地域区分などによる1単位の額の加算、減算なども決められています。 当然ですが利用者が増えるとその分実施サービスの詳細、報酬総額、提供時間なども記録しなければなりませ …

続きを読む »

介護業界のコンプライアンスと顧客満足度

介護業界のコンプライアンスと顧客満足度

近年、介護報酬の不正受給をする事業者が増加しています。 平成12年度から22年度末まで、不正請求などによって指定を取り消された事業所は1003か所もあるとされています。 そのうち民間企業は665事業所と半数以上も占めています。 訪問介護事業者において特に多い指定取り消し理由は、架 …

続きを読む »

顧客との契約と苦情の対応

顧客との契約と苦情の対応

介護保険の事業者は、利用者にサービスを提供する前に「重要事項説明書」という書類を渡します。 運用委規定の概要、提供者の勤務体制、事業所の営業日や時間、サービスの内容と料金、そして実施地域と、緊急時の対応の方法などを細かく説明します。 そこで利用者の同意を得て、契約が交わされます。 …

続きを読む »

介護人材の採用と養成

介護人材の採用と養成

介護サービスには様々な資格を持ったスタッフが必要で、中でもヘルパーはかなりの数の人間が必要になります。 ヘルパーは幅広い雇用形態で雇用できるのが特徴で、正社員とパート以外にも、契約社員や派遣、登録社員などの種類があります。 ほとんどは非正社員の非常勤のパートタイマーと、登録社員の …

続きを読む »

顧客獲得のための営業とマーケティング

顧客獲得のための営業とマーケティング

介護保険制度の大きな目的であり、柱となる理念が「利用者の選択」です。 これまで、福祉サービスとは行政などから、利用者となる高齢者に向けて、与えるというサービスでした。 しかし、介護保険は利用者から「選ぶ」サービスにガラッと転換したのです。 実際、厚労省は利用者の方への啓発も懸命に …

続きを読む »

事業計画を作成し指定事業者認定を受ける

事業計画を作成し指定事業者認定を受ける

介護ビジネスとは、民間企業のように利益を追求するだけでも上手くいかなく、反対に非営利で社会の役に立ちたいという理念だけでも上手くいかないものです。 単に市場原理だけに任せることもできませんし、志を高くしても事業計画が大雑把でサービスを継続して提供できなければ、利用者にとって多大な …

続きを読む »

在宅か施設か、単独か複数か

在宅か施設か、単独か複数か

現在、介護ビジネス、介護市場は非常に大きいものになっています。 種類だけでも在宅型介護サービスや施設・居住型介護サービス、介護予防サービス、サポート型介護サービスなどがあります。 これらのような介護ビジネスに新たに参入し、企業をするうえで一番最初に選ぶポイントが、在宅型のサービス …

続きを読む »

介護予防や地域支援事業の柱となるセンター

介護予防や地域支援事業の柱となるセンター

各市町村が設置する、地域で包括的で継続的な介護サービスを提供するための拠点が、地域包括支援センターです。 これは18年の改定で新設されたもので、介護予防と地域に密着した介護サービスを提供するために欠かせない存在です。 基本的には人口2万人から3万人に1か所という割合で設置され、2 …

続きを読む »