ホームページ / 介護と福祉

介護と福祉

これからの高齢者介護

これからの高齢者介護

去年、2015年は昭和22年から24年に生まれた、いわゆる団塊の世代の方が65歳を迎えた年です。 これは高齢者人口が3277万人、高齢化率は26%、75歳以上人口が1574万人となる計算です。 高齢化が最も急速に進む時代に突入した現在、介護保険なども含めた福祉システムをさらに強化 …

続きを読む »

成年後見制度

成年後見制度

介護保険制度と同時に施行されたのが、成年後見制度です。 これは、高齢社会の福祉インフラを支えるのにとても重要な役割を担います。 成年後見制度とは、認知症は知的障害、精神障害といった、判断能力が不十分な人の権利を守るための制度です。 具体的には、自立した生活ができるよう財産の管理を …

続きを読む »

障害者自立支援法

障害者自立支援法

介護保険制度の議論と時を同じくして、障害者福祉制度と介護保険制度を統一化させるかどうかが議論されていました。 議論を進めていくうちに折衷案として支援費制度が生まれ、平成15年から施行されました。 支援費制度とは、障害者福祉サービスを従来から介護保険型の選択サービス式に切り替えたと …

続きを読む »

介護保険サービスにある課題

介護保険サービスにある課題

介護保険制度ができたものの、高齢化社会になるにつれて保険給付額が膨大になり、介護予防サービスが出来たのはご存知かと思います。 介護予防サービスは利用者にも事業者にも負担が重くのしかかり、改悪として反発の声が続出しました。 平成21年に報酬を引き上げたものの、介護福祉の財政状況は現 …

続きを読む »

ケアマネジャーの実態と課題

ケアマネジャーの実態と課題

ホームヘルパー不足と同時に、ケアマネジャーに関する不満の声も多くあります。 例えば、介護のことをほとんど知らないケアマネがいる、利用者の声をまったくくみ取ってくれないといった苦情は、利用者からも事業者からも聞こえます。 また、ケアマネジャー本人も忙しすぎて親身になった対応ができず …

続きを読む »

ホームヘルパーの労働環境

ホームヘルパーの労働環境

介護保険制度が崩壊するときは、ホームヘルパーの問題から始まる、とある介護サービス事業関係者が言ったそうです。 これは、ホームヘルパーが介護保険制度を最も力強く支えているのと同時に、介護従事者の中で労働環境や待遇などが最も凄惨な状況に置かれているから。と考えられます。 財団法人介護 …

続きを読む »

老人ホームの利用者が注意すべきポイント

老人ホームの利用者が注意すべきポイント

最近は規制緩和などで有料老人ホームは全国各地で急増、多様化しています。 しかし、それはサービス内容が複雑になり、悪質な事業者も増えるということでもあります。 利用者は優良な老人ホーム、施設を選ぶ目を持つ必要があります。 内閣府が平成22年の11月から12月にかけて実施した有料老人 …

続きを読む »

高齢者の健康と介護

高齢者の健康と介護

平成24年に内閣府が発表した高齢社会白書によると、平成22年の段階で65歳以上の高齢者の有訴者率(1000人当たりの病気、けがなどで自覚症状がある人の数)はおよそ471人いることが判明しました。 これに対し、日常生活の動作や学業、運動などに影響があると答えた高齢者は209人でした …

続きを読む »

介護サービスの情報公表制度

介護サービスの情報公表制度

事業所ごとの介護サービスの質を、客観的に評価するシステムとは、これまでは都道府県公認の評価機関を用いた第三者評価、格付けなどでした。 平成14年からはグループホームも対象になり、平成17年度以降はグループホームには格付けや評価が義務付けられるようになりました。 しかし、他の在宅サ …

続きを読む »

介護事業提携と多角化・ワンストップ化

介護事業提携と多角化・ワンストップ化

要介護状態になったとしても、自宅で自立した生活をできるように手助けする、支援する仕事が、介護ビジネスです。 つまり、介護保険の給付対象になっているものだけを介護ビジネスというのではなく、人間が自立して生きていくのに必要な、ありとあらゆるサービスも介護ビジネスになりうるのです。 団 …

続きを読む »