ホームページ / 介護のノウハウ (page 2)

介護のノウハウ

超高齢者社会である日本、2040年には日本の労働者のうち4人に1人は医療従事者になると言われています。
その中でも高齢者と主に関わる介護職に従事する人は既に不足しており、介護職従事者不足はまだまだこれからも続くものと考えられています。
近い将来、仕事としてまたは親族の介護をするために、すべての人が何かしらの形で介護に関わることになるといえるでしょう。
介護に関わるすべての人に役立てていただける情報をまとめています。




介護拒否の症状事例

介護拒否の症状事例

介護に対して拒否反応を示すことがあります。 これは入浴や更衣なども含めた、いわゆるお世話されるのを嫌がるというものです。 「人様の世話になるのがいや」という気持ちが出ると、介護を拒否されることがあります。 特に以前から気が強く、何でも一人でやりたがるような人は認知症になってからも …

続きを読む »

仮性作業の症状事例

仮性作業の症状事例

本人は普通に作業をこなしているつもりでも、ほかの人から見たら同じことの繰り返しをしているだけなど、意味のない作業のことを指します。 引き出しの衣類を出してはたたみ、シーツをはがしては整えたりなど、様々なものがあります。 場合によっては留守中に家の中がぐちゃぐちゃの状態になることも …

続きを読む »

情緒不安定の症状事例

情緒不安定の症状事例

認知症は知能、意欲などと比べて感情の起伏は最後まで保たれやすいと言われています。 ですので、怒る、泣く、落ち込む、喜ぶ、笑うということは認知症になっても頻繁に見られるのです。 環境に対する快、不快の感情はとても直接的に表に出てきます。 しかし、その感情は人やとき、場所に適したもの …

続きを読む »

無気力の症状事例

無気力の症状事例

意欲の低下は初期症状として気づきやすいものです。 例えば一度座ったら疲れたように何もしたがらない、何かするのを億劫がるなどです。 家族は「動かないと認知症になるかもしれないよ」と言って喝を入れ、運動させようとしたり、体を動かそうとしますが、これはすでに認知症になっている可能性があ …

続きを読む »

睡眠障害の症状事例

睡眠障害の症状事例

昼夜逆転や、眠りが浅く、昼間もうとうとしてしまうなど、睡眠と覚醒のリズムが乱れるのは、環境の変化、身体の不調などが主な理由です。 特に病院では不安や恐怖などから大声を出してしまう人、泣いてしまう人や、眠れないといって徘徊する人、寝返りをうってベッドから落ちてしまう人などが多く、と …

続きを読む »

認識障害の症状事例

認識障害の症状事例

認知症は、記憶の障害のようなあらゆる障害が発生するため、正しく認識することが難しくなります。 現在の自分の状況が把握できない、時間の認識などに障害が生まれると、しばしば現実にはない出来事や事柄を判断して頭の中で思い込み、訂正できない状態に陥ります。 いわゆる妄想状態に陥ります。 …

続きを読む »

行動障害の症状事例

行動障害の症状事例

段取り・計画が立てられない、状況判断力が大幅に低下することを、実行機能障害と呼びます。 ほかの記憶障害のように比較的早期からみられるのが特徴です。 例えば、料理の味がなんとなく変わった、同じメニューの料理が妙に続くようになったなどがサインとなります。 進行すると、少し先の予定、ス …

続きを読む »

言語障害の症状事例

言語障害の症状事例

アルツハイマー型の認知症に限り、物の名前が出にくくなるという障害が現れます。 例えば「あれの上のあれ取って」というようなものです。 昔から物の名前をきちんと言わず、指をさして伝えるという性格などもありますが、急にこのように変化したら、アルツハイマー型認知症のかなりの初期症状塔型割 …

続きを読む »

問題多い「介護ミス」による事故(後編)

問題多い「介護ミス」による事故(後編)

「転倒や転落による事故」や「誤嚥事故」のパターンを見ると、一見介護側に責任はなく利用者が自分で起こした事故だという主張が通りそうに見えます。 事実、裁判にまでなった事件でも、なかなか介護側の過失と事故との因果関係が証明できないという場面がありました。 これは世間一般が介護職の専門 …

続きを読む »

問題多い「介護ミス」による事故(前編)

問題多い「介護ミス」による事故(前編)

「転倒や転落による事故」や「誤嚥事故」のパターンを見ると、一見介護側に責任はなく利用者が自分で起こした事故だという主張が通りそうに見えます。 事実、裁判にまでなった事件でも、なかなか介護側の過失と事故との因果関係が証明できないという場面がありました。 これは世間一般が介護職の専門 …

続きを読む »