ホームページ / 介護のノウハウ / 認知症介護 (page 4)

認知症介護

認知症とは、簡単に言うと痴呆のことです。
痴呆という呼び方が、その方の尊厳を尊重していない、ふさわしくないということが理由で、2004年に認知症という病名になりました。
現代は、要介護認定を受けた方の半分以上が認知症によるものとされています。
数で言えば200万人を超えるとされ、これは65歳以上の12から13人に一人の割合と言われています。
さらに、認知症とは加齢とともに進行しますので、歳を重ねるにつれて割合も増えていきます。
65歳から69歳ではおよそ1%程度にとどまりますが、80歳以上では20%以上もの方が認知症とされています。

認知症はとても身近にある「病気」の一種です。
一度成熟しきった知能が、様々な病気、老化などによって一時的ではなく持続的に低下してしまい、生活や仕事に影響を及ぼすというのが認知症です。
つまり、認知症は様々な原因によって引き起こされるものです。歳をとったというだけでかかるものではありません。



認知症の進行に合った介護

認知症の進行に合った介護

軽度(早期・初期)認知症の介護 軽度の認知症の場合、比較的ゆっくり進行します。本人の状態として、物忘れがひどくなった、同じことを何度も繰り返す、お金の管理が苦手になった、しまい忘れ・置忘れが目立つ、感情の起伏が目立つ、年月日など日付や時間の感覚が不確かになることが挙げられます。 …

続きを読む »