ホームページ / 介護のノウハウ / 認知症介護 (page 2)

認知症介護

認知症とは、簡単に言うと痴呆のことです。
痴呆という呼び方が、その方の尊厳を尊重していない、ふさわしくないということが理由で、2004年に認知症という病名になりました。
現代は、要介護認定を受けた方の半分以上が認知症によるものとされています。
数で言えば200万人を超えるとされ、これは65歳以上の12から13人に一人の割合と言われています。
さらに、認知症とは加齢とともに進行しますので、歳を重ねるにつれて割合も増えていきます。
65歳から69歳ではおよそ1%程度にとどまりますが、80歳以上では20%以上もの方が認知症とされています。

認知症はとても身近にある「病気」の一種です。
一度成熟しきった知能が、様々な病気、老化などによって一時的ではなく持続的に低下してしまい、生活や仕事に影響を及ぼすというのが認知症です。
つまり、認知症は様々な原因によって引き起こされるものです。歳をとったというだけでかかるものではありません。



認識障害の症状事例

認識障害の症状事例

認知症は、記憶の障害のようなあらゆる障害が発生するため、正しく認識することが難しくなります。 現在の自分の状況が把握できない、時間の認識などに障害が生まれると、しばしば現実にはない出来事や事柄を判断して頭の中で思い込み、訂正できない状態に陥ります。 いわゆる妄想状態に陥ります。 …

続きを読む »

行動障害の症状事例

行動障害の症状事例

段取り・計画が立てられない、状況判断力が大幅に低下することを、実行機能障害と呼びます。 ほかの記憶障害のように比較的早期からみられるのが特徴です。 例えば、料理の味がなんとなく変わった、同じメニューの料理が妙に続くようになったなどがサインとなります。 進行すると、少し先の予定、ス …

続きを読む »

言語障害の症状事例

言語障害の症状事例

アルツハイマー型の認知症に限り、物の名前が出にくくなるという障害が現れます。 例えば「あれの上のあれ取って」というようなものです。 昔から物の名前をきちんと言わず、指をさして伝えるという性格などもありますが、急にこのように変化したら、アルツハイマー型認知症のかなりの初期症状塔型割 …

続きを読む »

失行の症状事例

失行の症状事例

手足にしびれや麻痺が無い、さらに腕や足の運動機能も衰えていないのにもかかわらず、目的のある行動が出来なくなるという症状です。 これまでできたことが出来なくなるのが認知症の特徴ですが、特に足腰が悪くないのに急に衣服の着方が分からなくなる、手が悪くないのにごはんの食べ方が分からなくな …

続きを読む »

失認の症状事例

失認の症状事例

視覚、聴覚に特に異常がないのに、目の前にあるものや聞いたものが何なのかが分からなくなるというものです。 つまり、目や耳から入った情報を正しく処理できないことです。 例えば、余った布でてるてる坊主を作り、晴れるように一緒に作って願ったのに、たった数分か数時間程度でてるてる坊主をおろ …

続きを読む »

見当識障害の症状事例

見当識障害の症状事例

見当識障害とは、過去と現在がつながらなくなる、自分が分からなくなるようなことです。 さらに、今はいつで、ここはどこなのか、なども分からなくなり、不思議に悩んでしまうという症状が現れます。 これは時間の経過のそのものが記憶から抜け、その人が認識している中で最も新しい世界、自分が30 …

続きを読む »

記憶障害の症状事例

記憶障害の症状事例

記憶障害は認知症の主症状となるものです。 記憶障害の程度と、認知症の進行程度はほぼ一致するといっても過言ではありません。 記憶障害は比較的わかりやすいものです。 ・介護者(家族など身近な人)が言ったことをすぐに忘れる ・何度も同じことを聞いて来たり、言うことがある ・物をその場に …

続きを読む »

認知症の人とその家族

認知症の人とその家族

障害を抱えた場合でも、在宅でこれまでのように生活していきたいと思うものです。 同時に、一番身近にいた家族から介護を受けるのも、大きな癒しとなり、とても安心するものです。 介護をする家族はそのことを悲しいと感じてしまいますが、介護は愛情表現となり、達成感を感じることもあると思います …

続きを読む »

認知症の理解

認知症の理解

認知症とは、簡単に言うろ痴呆のことです。 痴呆という呼び方が、その方の尊厳を尊重していない、ふさわしくないということが理由で、2004年に認知症という病名になりました。 現代は、要介護認定を受けた方の半分以上が認知症によるものとされています。 数で言えば200万人を超えるとされ、 …

続きを読む »

認知症ケアプランの作り方・事例(後編)

認知症ケアプランの作り方・事例(後編)

認知症ケアプランは、「その人らしい暮らし方」を支えるアセスメントであり、「その人らしさ」に着目した連携シートです。本人の日常的生活動作(例えば、食事、排せつ、入浴、移動など)と暮らしの動作(例えば、料理、洗濯、掃除など)、そして1日の暮らしを把握し、「できないこと」だけでなく、「 …

続きを読む »