ホームページ / 介護業界情報 / 介護・福祉の仕事 / 高齢者福祉にかかわる仕事
カイゴジョブ
高齢者福祉にかかわる仕事
高齢者福祉にかかわる仕事

高齢者福祉にかかわる仕事

身体介護、リハビリ、生活援助といった高齢者へ対しての支援をして、自立を支える仕事のことです。

介護職員

介護職員は文字通り、利用者の日常生活の介護をする方です。
介護の高い技術と知識、利用者の様子の変化などをいち早くキャッチでき、様々な局面に対応できる方が求められます。
介護職員は特養の老人ホームやデイサービス、グループホームなどに配置され、心身が不自由でもその人らしく生きがいのある生活を送れるようにサポートします。

そのため入浴や食事のみならず、季節に合った行事や活動といったことも企画します。
介護を担う職員は高齢者福祉施設、事業所において、軸となる非常に重要な役割を担うため、介護技術はもちろん利用者のニーズを把握、調整、プラン作成などにも大きく関わってきます。
実務においての能力が強く要求される職業となります。

特養の老人ホームの場合

通所介護ではなく、入所介護の場合では24時間利用者の生活を支える必要があるため、交替制の勤務がほとんどです。
一般的な介助、生活支援はもちろん部屋の清掃や整理などもこまめに行います。
生活リハビリや介護記録の作成、実習生やボランティアの指導を任されることもあります。

介護職員として働くには

介護職員として働くための条件とは、基本的にはありません。
介護職員初任者研修修了者、訪問介護2級修了者などのような資格を持っている方が優先されます。
それらの資格取得には実習なども含まれているので、持っているととても役に立つと思います。
ただし、経管栄養、たんの吸引などを行うには特定の研修を終えていることが条件になっているので注意してください。

生活相談員

生活相談員とは高齢者福祉施設や事業所において、利用する高齢者一人ひとりが住み慣れた現在の地域で安心して暮らせるように、その型の環境を調整したり、相談に乗ってあげるというような仕事です。
生活相談員は特養の老人ホーム、デイサービス施設、老人保健施設などに配置されます。
利用者本人、家族からの相談はもちろんのこと、事業計画や援助計画の作成、提案なども手掛けます。

さらには施設や事業所の中の職種ごとの調整や、事業所の外にある福祉事務所、病院といった関係機関との連絡や調整も担います。
またケアマネジメント業務の実行をしたり、地域の社会資源の調整などのコミュニティケアのための中心的な役割も持ちます。

特養の場合

生活相談員は基本的に一つの施設につき一人、二人程度で、その分非常に忙しいのが特徴です。
朝の申し送りで各部門の担当者から利用者の変化や具体的な介助内容の報告を受けて、その日の計画の連絡、調整から始まります。
施設内外から寄せられるたくさんの相談に対応し、利用者への家族への連絡、関係機関との連絡調整などをします。
さらには入所者の預り金の管理や会議の進行なども生活相談員が行います。
当然ながら新規の入所者への対応などもします。

生活相談員になるために

生活相談員になるためには社会福祉主事任用資格、社会福祉士の資格が条件となります。

訪問介護員・ホームヘルパー

介護や家事の補助が受けられれば、自立した生活ができるという高齢者、障害者の方の自宅を訪問して様々な支援をする方です。
生活援助は調理や掃除、洗濯、買い物といった家事、身体介護は入浴や排せつなどの介助を主に行います。

訪問介護と一口に言っても家に数時間程度滞在するものから、さらに短い時間で必要なサービスだけを行うものなどもあり、かなり細分化されています。
介護保険制度とともに、在宅福祉の中心となるホームヘルパーの需要は年々増加しています。

ホームヘルパーとして働くために

ホームヘルパーになるためには介護福祉士、介護職員初任者研修修了者がほぼ必須となります。
無資格可というところもありますが、大半はいずれかの資格を持った方に限定しています。

サービス提供責任者として働くために

サービス提供責任者とは、利用者の訪問介護計画を作り、その方の計画に基づいたサービスを提供するための業務を行う職種です。
訪問介護員のリーダー、責任者になるというもので、訪問介護員の技術的指導や業務管理なども手掛けます。
この職種になるためには、介護福祉士、実務者研修修了者などの資格が必要です。
また、これは管理者が兼務することも可能です。

介護支援専門員・ケアマネージャー

介護支援専門員は主に居宅サービスに携わるために、地域包括支援センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所に配置されるという場合と、特養などの施設の中に職員として配置されるという場合の、二種類があります。

居宅サービスは主に在宅の高齢者を対象に、その方への支援のためのケアプラン作成、サービスのコーディネートなどを手掛け、高齢者の家族などにとっては絶対に欠かせない職種です。
一方、施設の中に職員として配置される場合は、その施設のサービス計画を作成するのが主な仕事となります。

居宅介護支援事業所の場合

介護支援専門員の仕事は、毎月利用者宅を訪問してその方の生活状況を確認し、問題がないか、困っていることはないかなどを確認します。
これは必ず訪問し、特に何もなくても、言葉を交わすことが大切です。
何気ない会話でも生き方や考え方などが分かり、変化があれば見逃さないで済みます。
当然、今後のケアプラン作りのヒントになるので、必ず行います。

請け負える件数は決まっていますが、訪問した分だけ書類作成などの仕事が増えますが、とてもやりがいのある仕事かと思います。
訪問も自転車で気軽にできます。

介護支援専門員として働くために

介護支援専門員の資格を取得する必要があります。
取得するためには特定の資格を取り、介護や相談援助業務などの実務経験が5年以上ある方が条件です。
条件を満たしたら各都道府県が実施する試験を受けて合格し、さらに実務研修を受けて、晴れて介護支援専門員となります。

高齢者福祉にかかわる職場

現在、特養などの老人福祉法に基づいて運営されている高齢者福祉にまつわる職場は、ほぼすべて介護保険制度にも基づいています。
しかし、急激な高齢化の進化によって医療の必要がある高齢者、重度な要介護者、さらに単身の高齢者など、たくさんのケースへの対応も急務です。
2012年4月には介護保険法が改正されて地域包括ケアと銘打ち、地域として高齢者を支えるという方針を打ち出しました。
重度者などの要介護高齢者の生活を支えるべく、24時間対応の定期巡回、随時対応型の訪問介護看護などが新設されました。

きらケア派遣

注目の記事

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは、地域の住民 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です