ホームページ / 介護と福祉 / サポート型介護サービス / 赤外線センサーを用いて24時間モニター可能
カイゴジョブ
赤外線センサーを用いて24時間モニター可能
赤外線センサーを用いて24時間モニター可能

赤外線センサーを用いて24時間モニター可能

家に同居する家族がいない場合、緊急時に家族や病院などに連絡が行く緊急通報装置はいくつかありますが、通報用のボタンなどが手元なければ意味がないというのが問題でした。
たとえ持っていても発作などで体が動かず、ボタンを押せないということもあり、大きな課題となっていました。

そこで登場したのが、遠隔で日常の生活、動作を見守り、異常が見られた時には自動で通報するという見守りシステムです。
このシステムで最初に注目を集めたのが、とあるポットメーカーが開発した電気ポットを利用したシステムです。

利用者が普段から使う電気ポットに無線の通信機を内蔵させ、利用状況を携帯やパソコンなどのインターネットを使った電子メールで家族などに知らせるというものです。
神戸市ではガスの使用量に着目し、電気ポットのように利用状況をメールで知らせるというサービスを事件的に開始しました。

しかし、このようなサービスは異常が起きたときに即座に知らせられるというものではなく、タイムラグが発生してしまうものでした。

タイムラグを解消するべく、様々な技術が用いられました。
例えばドアノブやテレビのスイッチ、受話器、冷蔵庫の取っ手、台所のマットなどに感知センサーを置き、専用ソフトによって通常の利用頻度と差が出た場合には異常という警告を伝えるというものです。
さらに人体の体温を感知するセンサーを室内、廊下などに設置し、高齢者が近くを通ると反応してデータを送り、送信間隔が一定の時間空くと警告が送られるというサービスも出始めました。

また、特に高齢者の事故が多いとされている浴室では、入浴中に動きが止まることで通報するシステムもあります。

赤外線センターを使って高齢者の動きを24時間モニターし続け、事前に登録した動作パターンと比べて異常と判断された場合には家族やスタッフに通報されるというさらに進化したシステムも登場しました。

65歳以上の一人暮らしの高齢者の方を対象にした内閣府の調査では、緊急時の通報先、連絡先は圧倒的に子供が多いという結果が出ました。

きらケア派遣

注目の記事

御用聞きの介護サービスや理美容師も

御用聞きの介護サービスや理美容師も

高齢者、要介護の方に必要なサポ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です