ホームページ / 介護と福祉 / 大手介護事業者・関連団体 / 総合的な展開をしているニチイ学館
カイゴジョブ
総合的な展開をしているニチイ学館
総合的な展開をしているニチイ学館

総合的な展開をしているニチイ学館

ニチイ学館は業界最大手で医療関連事業、ヘルスケア事業、教育事業を3本柱に、平成23年3月期は連結決算で過去最高となるおよそ2408億円を売り上げました。

この売り上げ高の原動力はヘルスケア事業です。
単独売上で1067億円と、前年比で27%も増加したのです。

ヘルスケア事業統括本部の黒木統括本部長は、グループホームや介護付き有料老人ホームなどの居住系介護サービスが順調に増えた、と語りました。
23年3月の時点で同社の居住型介護サービスは299か所、そのうちグループホームは217か所、老人ホームが82か所と、前年より15か所も増加しました。

さらに、同年にはグループホームが24か所増設、老人ホームが11か所増設予定と打ち出しました。

ニチイ学館にはきらめき、ニチイホームという二種類の老人ホームがあります。
前者は入居一時金や月額利用料を抑えた安価な老人ホームで、後者は一時金が600万から800万ほど、月額利用料が20万から25万円前後と少し高めな設定でした。
これらの施設はコムスンから19年に譲渡されたもので、結果としてニチイ学館は在宅系、居住系問わず総合的に展開できる体制ができたのです。

黒木統括本部長は、特養の入所を待つ待機者が42万人いることに触れ、待機者のニーズをくみ取るべく「きらめき」も一般の特養に負けないぐらいの低価格を実現し、すでに展開していた地域ネットワークをさらに活用して、小学生ボランティアなど地域に溶け込んだ交流ができるのが当社の大きな強み。と表現しました。

実際、在宅サービスの事業所もどんどん増えており、23年3月末でケアプランの事業所が694か所、訪問介護が1022か所、通所介護が294か所、福祉用具貸与サービスが132か所と、トータルで前年と比べて66か所も増やしました。
同年にはさらにケアプランを53か所、訪問介護を63か所、通所介護を34か所増設予定としています。

また、小規模多機能型居宅介護は今後はグループホームの施設と一体型にして運営するという方針です。

きらケア派遣

注目の記事

日本介護福祉グループの宿泊付きデイサービス

日本介護福祉グループの宿泊付きデイサービス

特別養護老人ホームの入所を待つ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です