ホームページ / 介護のノウハウ / 介護事故とトラブル / 生命の危機「誤嚥事故」を防ぐ方法(後編)
カイゴジョブ
生命の危機「誤嚥事故」を防ぐ方法(後編)
生命の危機「誤嚥事故」を防ぐ方法(後編)

生命の危機「誤嚥事故」を防ぐ方法(後編)

誤嚥事故を防ぐケアポイント

誤嚥事故を防ぐためには、3点の重要なポイントがあります。食事時の姿勢、食事の形態、食後の口腔ケアの3点です。
また、誤嚥事故を防ぐためには食事時の環境も非常に大切になります。

食事をとる時の姿勢

先ず「食事の時の姿勢」について考察します。この際、人間の気道と食道の仕組みが頭に入っていることが大切です。
レントゲン写真を見ると上半身が反り返った状態は、気道が開きやすくなっています。その状態では食べ物を飲み込んだ時に、気道に食べ物が入ってしまう率が高くなります。
利用者の現実に即して考えますと、利用者は背筋や腹筋が弱っている人が多いので背もたれに頼ってしまうことが多く、上半身が反り返り誤嚥の危険性が高まっています。このことを介護する側が十分に理解して、これを防ぐ手立てを考えねばなりません。

その手立てには、3つの有効な方法があります。この方法を取り入れれば誤嚥リスクが小さくなります。
1. 椅子又は車椅子に座っている利用者の腰のあたりに後ろから手を入れて、引き上げ、深く座ってもらうこと。
2. 体がまっすぐに立たない場合は、わきのあたりにクッションを挟んで真っすぐにさせること。
3. 首から上が反り返る場合には、ヘッドレストなどを取り付けること。

食事の形状

誤嚥事故を防ぐために有効な「食事の形状」というと、ミキサー食を思い浮かべる人が多いと思います。
しかし、ミキサー食には注意しなければならない点がいくつかあります。
ミキサー食は流動性が高いので「飲み込みやすい」とよく言われます。
しかし、誤嚥事故のリスクを考えると、ミキサー食のいい点は「飲み込みやすい」ということよりも「粒状になった食べ物が口の中に残りにくい」ということです。

食べ物が粒状だと何故悪いかというと、歯茎と頬のあいだに粒状のものが挟まって残ってしまい、それが唾液とともに知らず知らずのうちに気道に入ってしまうことです。これが、実は一番危険なのです。
ミキサー食にしても、食材によっては「粒状として残りやすいもの」がありまます。利用者の状態にもよりますが、ミキサー食の上に「とろみ」をつけることが重要になってきます。
液体状の物を誤嚥するリスクは高いのです。液体の方が飲み込みにくいというケースもあります。
栄養士などの専門職の人と相談しながら「とろみ」をつけて飲み込みやすくする方法を取り入れる必要があります。

食事を飲み込みやすくするために、何が何でもミキサー食にすればいいというものではありません。
「ミキサー食で果たして食欲がわくのか」という議論がよくなされます。
介護職で働く人は、自分でミキサー食を食べて試してみるべきだと思います。
定期的に試食してできれば1日に3回食べてみるべきです。何故なら1日1度くらいなら、まずくても我慢が出来てしまうからです。

もしも自分で食べてみておいしくないようなものを出しているとしたら、利用者の食事量の低下を招き、ひいては低栄養というリスクを引き起こしてしまいます。
低栄養は身体の健康を害するだけでなく貧血によるふらつき、転倒という事故を招きかねません。褥瘡という新たなトラブルを引き起こすリスクにもなります。
そこで食欲をわかせるにはどうしたらいいか、自分の事として考えてみることです。
器や彩を考えて視覚に訴えたり香りづけをしたり、ミキサーにかける前に利用者に元の形を見せたり、利用者の生活歴や生活感をプラスさせながら方法を考えていくことが大切です。

口腔ケア

高齢者介護の現場でここ数年いかに口腔ケアが大切であるかが言われてき浸透してきました。
口腔ケアの介護グッズも色々出てきました。しかし、多くの現場に接してみるとまだまだばらつきがあります。

口腔ケアというと、食後の歯磨きが一番に思い浮かぶでしょう。しかし、歯磨きで「食べかすを取り除く」だけが口腔ケアではありません。
例えば、口から栄養を取れない経管栄養の人であっても口の中には様々な雑菌がいます。本人から出た痰が、口中にこびりついている場合もあります。
そういったものが唾液と一緒に気道に入り、誤嚥性肺炎を起こしてしまうこともあります。

いろいろなことを考えあわせると、3度の食事の後に加えて起床後と就寝前にも口腔ケアを行うべきです。特に起床後は口の中が乾いている状態なので歯周病菌などが繁殖しやすいのです。
本人のアセスメントを取る時、その人の口内環境もチェックしておくことが大切です。
例えば、虫歯の有無、歯周病のあるなし、食べかすが残りやすいか、口が乾く質か等々を記しておくべきです。

環境変化によるリスク

例えば自分が食事をしているときに、「気が散って食べにくい」と感じることはありませんか。
誰かが大声で叫んでいたり、誰かが自分をじっと見つめていたりすると落ち着かなくなり、食事に集中できないのではないでしょうか。

利用者にとっても、同じことが言えます。気が散ることは、食事に集中できなくて誤嚥を起こすリスクの元になります。
じっと見られることが集中を欠くのであれば、利用者の食事の介助をしているときに、介護者はどの位置にいればいいか分かるはずです。
真正面に座るのを避け利用者の邪魔にならないポジションに席を取るべきです。
また、喧騒が集中を欠くのであれば、例えばテレビなども切って静かな環境を作り出すのがいいでしょう。

環境にも、時間や場所による変化があり、環境変化のリスクにも注意しなければなりません。
「たまには外食をして新鮮味を出そう」と考えてレストランなどに出かけたとき、その場所が環境面のリスクをはらんでいる場合があります。
スタッフはできるだけ事前の下見をし環境変化のリスクを計っておく必要があります。

きらケア派遣

注目の記事

介護現場でのドラブル防止(後編)

介護現場でのドラブル防止(後編)

介護現場で、利用者の所有する財 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です