ホームページ / 介護と福祉 / サポート型介護サービス / 御用聞きの介護サービスや理美容師も
カイゴジョブ
御用聞きの介護サービスや理美容師も
御用聞きの介護サービスや理美容師も

御用聞きの介護サービスや理美容師も

高齢者、要介護の方に必要なサポートはたくさんあり、企業やNPOだけに限った事ではありません。
例えば一般家庭をメインのターゲットにしている企業や、町の普通の商店街なども介護保険の対象にならない、様々なサービスを開始しています。

愛媛県大洲市の大洲肱北商業協同組合は、平成14年から大洲いろは便という御用聞き宅配サービスを開始しました。
電話、ファックスなどで利用者からの注文を受け取り、様々な物品の配達を手がけるというものです。
各店800円以上の買い物に限定し、配達料は無料となっています。

また、埼玉県秩父市のみやのかわ商店街振興組合は18年8月から買い物代行事業を始め、一人暮らしの高齢者、施設に暮らす高齢者、障がい者など、買い物へ行くのが難しいという人を対象にサービスを始めました。
電話で注文を受け、商品数や金額にかかわらず1回につき290円の配達料で届けてくれるというサービスです。
さらに、希望者には定期的に御用聞きの電話をかけ、高齢者の安否確認を兼ねた見守り活動も手掛けています。

これらのような電話やファックスを用いた買い物代行、御用聞きのサービスは全国で徐々に広がってきました。
流通システム開発センターが発表した平成17年度の商店街の情報化(IT化)アンケートによれば、宅配や買い物代行サービスを行っているという商店街は3%、計画中、検討中は11%でしたが、現在はこれをはるかに上回っていると予想されます。

さらに、ダスキンはホームインステッド事業と銘打ち、高齢者の家を訪問して家事を行ったり、話し相手になったり、外出の付き添いなどといったサービスを24時間365日体制で行うという新サービスを掲げました。
これはアメリカのホームインステッドシニアケア社との提携事業で、同社は全米で530店ものフランチャイズ展開をし、急成長を遂げている会社です。

ほかにも、近年ではホームヘルパーの資格のある理美容師、福祉理美容師が高齢者の家を訪問して散髪するというサービスも現れました。
これまでの要支援・介護の方の散髪はボランティアの方が無料で行うケースがほとんどでした。
これは、理美容師法では一般の訪問サービスは禁じられているため通常は不可でしたが、行政は老人ホームなどの福祉施設、店に行くのが困難な利用者を例外的に認めたのです。
ジェイアンドシーという会社はこの分野の草分け的存在として、24年11月でおよそ1000か所もの福祉、医療施設、高齢者宅を訪問して約5万人もの利用者を抱えていますあ。

これから、買い物代行や訪問散髪サービスの需要はますます高まると予想されます。

きらケア派遣

注目の記事

赤外線センサーを用いて24時間モニター可能

赤外線センサーを用いて24時間モニター可能

家に同居する家族がいない場合、 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です