カイゴジョブ
失禁の症状事例
失禁の症状事例

失禁の症状事例

初めのころは、排せつに失敗すると自分で掃除、後始末をしようとしますが、認知症が進むにつれて失禁状態が常になってしまいます。
認知症では排せつ行動の認知障害もどんどん悪化してしまいます。

トイレの場所がわからなくなり、ごみ箱、部屋の隅に用を足す、便器の使い方がわからなくなって便器の水で洗濯をしようとする、手を洗おうとすることがあります。
これによってトイレが詰まることも頻繁にあります。
特に高齢者にとっては洋式便器の使い方が分からずに、洋式便器を目の前にして迷子になることもあります。

尿意、便意を訴えるのが難しい

認知症の方は尿意や便意を訴えるのが難しくなり、訴え方も人によってバラバラです。
例えば尿意を感じたら、トイレを探すようにうろうろと歩き回る方、また立ったり座ったりを繰り返す方、トイレに行ったばかりでも「トイレ連れてって」と数分おきに訴える方などなど、とても多様です。
これを「トイレに行きたいんだな」と察知できるのは、介護者、家族などの身近な方だけです。
失禁をしてしまって落ち込み、ますます自信を無くしていくのは認知症の方本人です。
トイレの位置をさり気なく誘導をしたりして、決して失禁したことを責めたり、叱ったりしないでください。

ある方では、トイレで排泄せずにほかの利用者の部屋に入って排尿をしていました。
された方の利用者は激怒しましたが、一向に治らず、スタッフさんも困り果ててもはや見守りではなく監視のようなケアをするようになりました。
監視しているにもかかわらず、上手に目を盗むようになって全く改善しませんでした。

よくよく観察して、ほかの方からも話を聞いてみると、トイレの中でも別な場所に排せつしようとしているらしいのです。
結果、トイレ自体の認知障害が起きていると考えられ、洋式便器から和式トイレに変更しました。
すると、問題なく和式トイレを利用して、排せつするようになったのです。
わざわざ和式トイレを設置するのは難しいかもしれませんが、排せつの時間帯とは、人によってある程度パターン化されています。
例えば起床直後、食後、入浴後などです。
横になったら尿意を催すこともよくあると思います。

一つ一つの行動後を見計らって、トイレに連れていくようにするのも、とても良いかと思います。
症状に合わせて、様々な対策を講じていきましょう。
そして、排せつが難しい高齢者にはおむつをはかせるという観念がありますが、実は本人にはとても屈辱亭なものです。
介護する側からしたら夜間などはとても助かるものですが、失禁が目立つからと言って安易におむつを当てるのは考え物です。

ある方は認知症でしたが、排せつは自立してできていました。
しかし、進行してしまい失禁をするようになり、パンツがごみ箱、トイレに捨てられることが多くなり、ズボンもよく濡れるようになりました。
介護者はできるだけ声をかけて、こまめにトイレへ誘導していましたが、昼食のすぐあとにはすでにズボンが濡れているということが目立ち始めました。
すぐに着替えを用意して「着替えるよ」と拭きながらズボン、パンツをはきかえていくと、「大変だ」と静かにこぼしました。
自分のしたことの重み、つらさ、大変さを痛感していたのです。
おむつを付ける時期、失禁の仕方、起きている症状などをケアマネージャーと話し合って、自尊心を損ねないように進めていくようにしましょう。

きらケア派遣

注目の記事

性的行動の症状事例

性的行動の症状事例

これは単純に、好きな人ができる …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です