ホームページ / 介護業界情報 / 介護・福祉の仕事 / 多くの福祉分野に関わる職種
カイゴジョブ
多くの福祉分野に関わる職種
多くの福祉分野に関わる職種

多くの福祉分野に関わる職種

理学療法士

福祉施設、事業所に配属される理学療法士は身体に障害のある高齢者、子供や医療機関でリハビリ治療などを終えた人に対して、さらなる回復や維持を図るべく、体と心の両面から働き掛けをするのが役割です。
例えば筋力増強や運動の再学習といった、踏み入った運動療法、光線や温熱、電気などを用いた物理療法などを行い、日常生活の様々な動作を再び学び、必要な筋力の維持を図ります。
また、二次的障害の予防にも訓練や指導を行います。
さらに利用者に合わせた住環境の整備、義肢装具などの導入、使用の訓練なども手掛けます。
さらに障害者の家族に対してのリハビリテーション指導、支援なども重要な業務となります。

理学療法士は病院やリハビリテーションセンターなどの医療機関が主な職場となります。
特に社会福祉分野では障害関係施設、事業所へ配置することが規定されているため、とても求人が多くあります。
事業所によっては、特養やデイサービスセンターといった高齢者施設などでも配置することがあります。

高齢者の施設の場合

高齢者の施設での理学療法士は、利用者の日常生活動作となっている、ベッドからの移乗、食事、排せつといった動作の能力評価や自立度の確認などの情報収集がメインです。
さらに、その日の血圧、体調などあの身体状況の情報を、その方を支援する看護職員や介護職員から聞いて、機能訓練の目標や具体的なプログラムを組んで、利用者に合ったリハビリ項目を作るというのも有効です。

理学療法士として働くためには

理学療法士として働くためには高校を卒業ののち、理学療法士の専門学校など、養成校にて専門知識や技能を習得し、国家試験に合格します。
専門学校以外にも四年制大学や短大などでも取れるところがあります。

作業療法士

作業療法士は身体、もしくは精神に障害のある人などに対して、さまざまな機能の回復と維持、開発を促進する作業を通じて主体的な生活方法を習得し、維持していきます。
作業は仕事や日常生活の動作以外にも、遊びやレクといった生活にまつわる活動全般を指します。
作業療法ではそれらの活動を治療や支援、指導の手段として活用するのです。
作業療法士の職場は障害関係の事業所において規定されていますが、中には特養やデイサービスセンターといった高齢者施設でも配置されることがあります。

障害関係の福祉施設の場合

ある障害関係の福祉施設では、利用者一人一人のニーズを把握したり、障害や残存機能の評価を個別に行って、実際の生活場面を想定してどのようなことをしたらその人らしい生活になるかを検討していきます。
その時に必要な援助内容なども想定しながら、ほかの職種の人と話し合うそうです。
同時に、グループ活動が中心のプログラムなど、人との交流の中で楽しみながら機能回復、維持をしていき、趣味的かつ生産的活動も行っているようです。

作業療法士として働くためには

作業療法士になるには理学療法士のように、高校卒業ののち専門学校や大学などで知識と技能を習得し、国家試験に合格します。
四年制大学や短大などで取れることがあります。

言語聴覚士

言語聴覚士とは、言語障害や難聴、言語発達遅滞などのような言語や聴覚に関する障害を持つ人に対して、専門的な訓練や指導をして機能回復、軽減を図っていく仕事です。
聴覚や言語障碍者更生施設などの障害者にまつわる社会福祉施設のみならず、リハビリテーション科や耳鼻咽喉科といった医療機関でも働くことが出来ます。
さらに難聴学級といった障害児の教育機関でも活躍ができます。

介護事業所の場合

ある事業所では、脳卒中や事故などによって言語障害が発症した方の機能回復訓練の一環として生活の場面の絵を見ながら、絵に描かれているものの名前を挙げてもらう訓練をしています。
このようなリハビリを通じて、就職できた方も多いとされています。

言語聴覚士として働くためには

言語聴覚士として働くためには、高校を卒業したのち、大学や専門学校などの養成校で知識や技能を習得して、国家試験に合格します。

栄養士、調理員

食べるということは障害者も健常者も、乳幼児も高齢者も関係なく、すべての人にとって必要なことであり、人生において大きな喜びになるひと時です。
また、栄養バランスが取れた食事は人間の成長を助けたり、様々な疾病の予防や治療に多大な貢献をします。

そのため、福祉施設や事業所で栄養士や調理員として働くということは、利用者全員の生きる糧を提供するという、非常に重要な職種です。
栄養士は利用者が健康的に過ごせる、良い生活を送るための手助けをするために、食材を選んだり、料理にまつわるアドバイスなどを行います。
栄養計算などを十分に行い、利用者に応じた献立を作り、調理法や盛り付け、配膳などの指導も絶対に欠かせない業務です。
もちろん、調理員とともに実際の調理を支援することもあります。

高齢者の施設などでは、栄養士は栄養ケアや献立作成がメインで、調理や盛り付けはアルバイトの方などが行うこともあります。
調理員は栄養士の指導、協力を得ながら実際に調理していきます。
高齢者福祉施設、障害関係の福祉施設、事業所、児童福祉施設などに配置されます。

栄養士は、なんといっても献立作りが大きな仕事となります。
栄養基準量、食品構成を決め、それに基づいた料理を作っていく必要があります。
それから使用する食材の選定、発注、納品された食材の検品などを行ってから、調理員へ指示を出して調理していきます。
調理員は栄養士からの指導や献立表に基づき、食事を作ります。

栄養士、調理師として働くためには

栄養士は2年から4年の養成施設で所定の課程を終えれば、卒業と同時に栄養士免許が取れます。
その後、実務経験を1年から3年ほど経ると、栄養士の上級資格となる、栄養管理士の国家試験を受けられます。
ただし、4年制の養成施設を卒業した場合には実務経験が無くても受験することが出来ます。

調理師は1年から3年の調理師養成施設に通い、所定の課程を修了したのち、卒業と同時に調理師免許が取れます。
また、中学校を卒業後に2年以上調理の実務経験を経て、各都道府県が実施している調理師免許取得資格試験を受けて免許を取ることもできます。
ただ、基本的には調理師には資格要件はありませんが、調理師免許が必要という求人も一定数見かけます。

事務職

福祉施設や事業所においての、事務職というのはあまり多くありません。
ケアマネージャーなどの様々な支援員、管理職がいるため、ほとんどのところは1名か2名程度です。
しかし、業務内容は一般企業においての総務課と経理課を合わせたような、たくさんの仕事があります。
事務職の仕事は電話、来客応対や文書作成、受付など、日々欠かさずに行う業務がメインですが、どれも一定期日までに済ますという仕事が大半です。
そのため、計画性をもって仕事をすることが出来ます。

具体的に分けていくと、各種規定の管理、出勤簿、消耗品の管理、電話・来客応対といった庶務業務。
区市町村などの機関、団体との連絡調整、必要書類の作成などの対外業務、補助金や介護報酬、自立支援給付費などの請求、精算。
予算の立案、日常の金銭管理の全般、職員の給与管理、決算までを含めた会計業務全般。
人事、労務関係業務、建物や施設の設備、備品の管理業務など、施設についての様々な面での管理、対応が必要で、人事や給与管理なども全て担うことになります。
その分、利用者やその家族に対して直接支援をする職種に比べると目立たず、求人も見かけないように感じますが、事務がしっかりとしていなければ、ほかの職種は安心して働くことが出来ないのです。

前述したように事務職は少ない人数ですが、施設や事業所においては欠かせない業種です。
中にはほかの職種の方が兼任していることもあります。
また、法人によっては複数の施設や事業所を全て本部などで管理をして、事務を統合して事務部門を作っているところもあります。

事務職として働くためには

事務職として働くためには、一般企業の事務のような仕事になっているため、ほかの職種のような資格要件は定められていません。
ですが、パソコンを扱えるかどうか、労基法などの労働関係法、それらにまつわる制度について把握しているかは大切な部分となります。
数的、文書処理はもちろん、幅広い知識や柔軟な思考も重要な上に、当然ながら福祉全般の知識や理解、判断力も必要です。

きらケア派遣

注目の記事

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは、地域の住民 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です