ホームページ / 介護と福祉 / 介護予防・地域密着型サービス / 地域密着型特定施設入居者生活介護
カイゴジョブ
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型特定施設入居者生活介護

地域密着型特定施設入居者生活介護

地域密着型特定施設入居者生活介護とは、入居者が29人以下の有料老人ホームなどの特定施設において、日常生活の支援や機能訓練、療養上の介護、管理などを提供するサービスのことです。
これは要介護者に限定されているため、要支援者は利用できません。

通常、老人ホームは住み慣れた地元から離れて入居するということもよくあります。
ですが、このサービスを活用することで地元にある小規模な老人ホームを活用して、配偶者などとともに生活できるのが魅力です。

地域密着型特定施設入居者生活介護の事業者は、利用者の病状など、何らかの緊急事態が発生した場合に備え、協力してくれる医療機関を定め、介護職員と看護職員を1名ずつ常勤させるよう義務付けられています。

事業者はサービス提供時に、利用者や利用者の家族の希望をうまく汲み取り、地域密着型特定施設サービス計画を作成します。
作成後に同意を得てからサービスが実施されます。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は入所定員29人以下の特養に限り、要介護者に対して日常生活の支援や機能訓練などを提供するサービスです。
これも前者と同じく要支援者は利用できません。
これまでの特養は他の市町村からの入所も受け入れていましたが、これは地域密着型なため、原則所在の市町村に住んでいる方だけが利用できます。

この地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、

・単独で設立されている小規模介護老人福祉施設
・本体施設と連携するサテライト型居住施設
・短期入所生活介護などの通所系サービスと他の地域密着型サービスと併設された小規模介護老人福祉施設

という3つのタイプがあります。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護はサテライト型がサービスの中心になると予想されており、サテライト型特養と呼ばれます。
サテライト型とは、特養を本体として強く連携しながら他の場所で運営するという施設で、車など通常の交通手段で15分以内で移動できることが条件となっています。
本体の施設があるという前提なため、人員基準も他のものより緩く、医師や栄養士、機能訓練指導員や介護支援専門員などをサテライト施設に置かなくても問題ありません。

特養の需要がとても多く、待機者が問題となっていますが、このサテライト型サービスを活用できれば地域の中にいくつか設置し、待機者の受け皿になる可能性が期待されています。

きらケア派遣

注目の記事

予防福祉用具貸与・介護予防福祉用具販売

予防福祉用具貸与・介護予防福祉用具販売

介護などに必要な福祉用具は高価 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です