ホームページ / 介護と福祉 / 介護サービス / 在宅型介護サービス
カイゴジョブ
在宅型介護サービス
在宅型介護サービス

在宅型介護サービス

在宅介護サービスとは、文字通りホームヘルパーさんなどが利用者の家を訪問し、利用者の方が家にいながらで介護サービスを提供することです。
制度上では訪問介護・看護などの訪問系サービスと、デイサービスやショートステイなどの通所系サービス、有料老人ホーム、福祉用具レンタルなども該当しますが、ここでは本来の在宅型のサービスに絞ります。
有料老人ホームは施設・居住型介護サービス、福祉用具レンタルはサポート型介護サービスと分類します。
ちなみに、在宅介護サービスにはホームヘルパーさん以外にも、介護福祉士や看護師、医師、理学療法士や作業療法士さんなどが訪問することもあります。
介護保険制度の大前提は、介護を必要とする人に対し、自宅に居ながら自立支援を行う。ということです。
在宅型の介護は必然的に品質が高く、利用者の家族、状況に合わせた多様なサービスが必要不可欠だということです。
そのため、一般の営利法人である民間企業、NPO法人に対しても、要件を満たしていれば居宅介護サービスの事業者になり、認可を受けられるようになりました。
つまり、介護保険サービスがビジネスとなった瞬間です。

しかし、利用者ごとにホームヘルパーや看護師などを向かわせる訪問サービスは非常にコストがかかり、効率が悪く、メインの収益源にはなりにくいものでした。
そのため、利用者を一か所に集め、効率よくサービスを提供出来る通所系のサービスに力を入れるところが多いのです。
訪問介護はケアマネージャーがその利用者の現在の状況をもとに判断してケアプランを作成します。
これを参考に介護福祉士、ホームヘルパーなどが食事、排せつ、就寝、起床の介助といった身体介護、調理や洗濯、清掃といった家事の援助に取り掛かります。

ですが、制度改定により要支援認定者は介護予防サービスに移行し、要介護者に対する家事援助給付が厳しく制限されるようになりました。
つまり、民間の事業者にとっての訪問介護サービスは、まずます環境が悪く、厳しいものになったのです。

また、入浴の介助が必要な方には、入浴用の用具や器具を備えた入浴車を用いた訪問入浴サービスも登場しました。
在宅での医療、リハビリが必要な方は主治医の指導により専門の看護師、理学療法士、作業療法士などが訪問してサービスをすることもありますあ。
一方、通所型のサービスにはデイサービスなどの福祉系と、デイケア、通所リハビリなどの医療系とに分かれます。
一般的な通所介護(デイサービス)、短期入所生活介護(ショートステイ)が福祉系で、医療系は短期入所療養介護(ショートステイとほぼ同じ)と通所リハビリテーション(デイケア)があります。

また、平成18年の改定には難病の方、末期がんの方で要介護が必要となる、療養通所介護も新たに設けられました。
デイサービスの事業者は各医療機関、訪問看護サービスなどと連携して展開していきます。
各サービスにかかる費用は原則として9割が保険から給付され、残りの1割を利用者が負担します。

ただし、ケアプラン作成は10割保険から給付され利用者が負担することはありません。

きらケア派遣

注目の記事

介護・福祉の専門職

介護・福祉の専門職

医師、看護師、理学・作業療法士 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です