ホームページ / 介護業界情報 / 介護業界体験談 / 友人の勧めから介護の世界へ
カイゴジョブ
友人の勧めから介護の世界へ
友人の勧めから介護の世界へ

友人の勧めから介護の世界へ

友人が老人ホームで働いていて、とても大変な仕事だけど凄いやりがいがあると聞いて、興味が出たのがきっかけです。

以前から介護の業界に興味があったのでしょうか。
もし興味があった場合は、そのエピソードなどを教えてください。
非常に漠然としている興味があっただけですが、友人とともに学校の障がい児援助のボランティアをしていて、人と触れ合い、支えたいという気持ちが強くなっていきました。
しかし、そのころはまだ高齢者の方と接することはありませんでしたので、介護の仕事をするというのは不安に思っていました。
前に就いていたお仕事は、介護と関係のあるお仕事だったのでしょうか。
小学校の障がい児支援のボランティア活動を行っていました。
実際に介護の現場で仕事を行ってみて、どういう印象を持ったでしょうか。
利用者さんとうまくコミュニケーションを取れるかどうかが一番不安でした。
仕事内容の最も重要な部分ですので、ここが出来なかったらどうしようかと本当に怖かった覚えがあります。
今でも感謝の言葉を少しでも言って頂けるだけで本当に嬉しく、強いやりがいになっています。
そのような印象を持ったエピソードなどはありますでしょうか。
日々利用者さんと触れ合うこと全てが勉強になり、大事な経験となっています。
利用者さんから度々言っていただけるありがとうと言う言葉や、気持ちがいつも自分に響いていて、その都度頑張っていきたいという気持ちにさせてくれます。
今後の目標はありますか?
まずは介護福祉士の資格を取って、最終的にはケアマネジャーの資格を取れるように頑張りたいと思います。
きらケア派遣

注目の記事

いつか介護の仕事をしたい

いつか介護の仕事をしたい

最初に出会ったきっかけは、中学 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です