ホームページ / 介護と福祉 / 介護福祉ビジネス / 介護保険の財源構成と被保険者
カイゴジョブ
介護保険の財源構成と被保険者
介護保険の財源構成と被保険者

介護保険の財源構成と被保険者

介護保険とは、国民が被保険者となって支払う保険料と、国や都道府県、各市区町村とで、50%ずつ負担するという構成です。
国民皆保険のように、国民が支えあう保険制度です。

介護保険は40歳以上の方が義務付けられていますが、現在はこの年齢の引き下げ検討がされています。

現在、被保険者は第1号被保険者と、第2号被保険者の二種類があります。
第1号は65歳以上で住んでいる市町村の中に住所がある者で、外国人でも正式に登録を済ませれば被保険者になります。
各種保険サービスを受けるための申請は、住民基本台帳に記載された住所に該当する市町村内に対して行われるため、転出などで住所を移動際には転出先の市町村の役場で届け出をする必要があります。

第2号被保険者は40歳以上65歳未満の市町村内に住所がある、医療保険の加入者です。

第2号被保険者が介護保険のサービスを受けるためには、特定の疾病により要介護状態になった場合にしか給付されませんので注意してください。
特定疾病は初老期に起きた痴呆、脳出血や脳梗塞といった脳血管疾患、糖尿病性関連疾患、慢性関節リウマチ、骨折によって起きた骨粗鬆症などのことです。
これはつまり、介護保険制度の保険料を負担するのは40歳以上の方がメインで、介護保険の給付対象は65歳以上の方がメインということです。

第1号被保険者の支払う第1号保険料は、月1万5000円以上の年金を受給している際に年金から天引きされます。
保険料は全国で統一されているものではなく、各市町村の介護サービスのレベルによって定められる条例で変わります。

また、保険料率は被保険者の所得に応じ、6つのランクに分けられています。
このランクは介護報酬のように3年ごとに見直され、財政との均衡を保つように設定されます。
ですので、各市町村の保険給付額の増減に比例して保険料が上下するという仕組みです。

平成21年から23年度の平均介護保険料は月4160円、厚労省の試算では24年度から26年度には6000円を突破すると予想しました。

第2号被保険者の方が支払う保険料、第2号保険料は、国民健康保険、健康保険組合といった医療保険者が被保険者の所得に応じて割り振られるもので、利用保険とともに徴収されます。

きらケア派遣

注目の記事

介護業界のコンプライアンスと顧客満足度

介護業界のコンプライアンスと顧客満足度

近年、介護報酬の不正受給をする …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です