ホームページ / 介護と福祉 / 介護予防・地域密着型サービス / 介護予防通所介護・介護予防通所リハビリ
カイゴジョブ
介護予防通所介護・介護予防通所リハビリ
介護予防通所介護・介護予防通所リハビリ

介護予防通所介護・介護予防通所リハビリ

利用者がデイサービス施設(通所介護施設)に通い、介護予防を目的にさまざまな機能訓練を受けたり、支援を受けたりするサービスのことです。
いくつかある介護予防サービスの中では、この介護予防通所介護は、予防訪問介護と同じぐらい重要な位置にあります。

予防通所介護においては、共通的サービス、選択的サービスの2つに分けられます。
まず、共通的サービスとは、日常の生活において何らかの支障がある場合、機能訓練などを行って能力を回復、向上して在宅生活をよりスムーズにするよう支援する。
というもので、調理や掃除などの動作訓練をします。
選択的サービスは、運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上、の3つのサービスです。
また、これらのサービスを利用しない方に向けてのレクなどもこれに該当します。

運動器の機能向上は、トレーニングマシンや専用の器具を使った高齢者向けの筋肉トレーニングのことです。
高齢者に筋トレは不必要という意見も見られましたが、使用が決められているということはありません。
また、高齢者も筋トレによって筋力が上がりますが、休むと短期間で急速に元に戻ってしまう上に、無理な筋トレによってケガをする可能性が指摘されています。

栄養改善とは一人暮らしの高齢者など、栄養が十分に取れないような利用者を対象に、管理栄養士などが作成した、栄養ケア計画を実施するというものです。
口腔機能は管理栄養士ではなく、歯科衛生士などが利用者の口腔洗浄をしたり、咀嚼、嚥下機能を向上させる訓練を行うというサービスです。

予防通所リハビリは、利用者が介護老人保健施設や病院などに通い、介護予防を目的に理学・作業療法士が実施するリハビリのことです。
予防通所介護と同じく共通的サービスと選択的サービスの二つがあります。
介護報酬は月々定額制で、共通的サービスは要支援1の方の場合で2万4120円、要支援2の方は4万8280円、選択的サービスの運動機能向上には2250円、栄養改善は1500円口腔機能向上は1500円と、サービスごとに決められています。

予防通所介護も定額制になっており、共通的サービスは要支援1の方の場合で2万990円、要支援2の方は4万2050円、選択的サービスは通所リハビリと同額で、アクティビティ実施加算(レク)が100円です。

予防通所介護、予防通所リハビリどちらも若年性認知症の方を受け入れたという場合には、1か月につき2400円が加算されます。
また、どちらも介護予防特定入居者生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護を受けている際には利用できません。

きらケア派遣

注目の記事

夜間対応型訪問介護・認知症対応型通所介護

夜間対応型訪問介護・認知症対応型通所介護

これまで、夜間対応の介護サービ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です