ホームページ / 介護業界情報 / 介護業界体験談 / いつか介護の仕事をしたい
カイゴジョブ
いつか介護の仕事をしたい
いつか介護の仕事をしたい

いつか介護の仕事をしたい

最初に出会ったきっかけは、中学2年の時の職業体験で福祉施設を希望して働いた時です。
昔から人の役に立つ仕事がしたいと思っていて、保育園などもあったのですがこれからのことも考えて介護の施設にしたのがきっかけです。
1週間ほどやったのですが、初めはやっぱり利用者さんと全く仲良くなれず、距離感も縮まらずに困っていました。
面と向かって「あなたのこと嫌い」と言われたこともあって、すごくショックだった覚えがあります。
でも最後の日にその利用者さんから「ありがとう」と言ってもらえたのが、思いが通じたような感じがしてとても嬉しかったです。
この時に、いつか介護の仕事をしたいと思いました。

前に就いていたお仕事は、介護と関係のあるお仕事だったのでしょうか。
接客のアルバイトを主にしていました。
ファミレス、焼き鳥屋さん、焼肉屋さんなどで働いていました。
実際に介護の現場で仕事を行ってみて、どういう印象を持ったでしょうか。
毎日とても楽しいです。
働き始めのころはやっぱり分からないことも多いですし、利用者さんのことを把握するのも大変でした。
しかも自分はそれが顔や態度に出ているようで、何度も怒られたり打ち合わせをしたりしていました。
今ではすっかり慣れて、怒られることも無く、いい経験だったと思います。
心がけていることは笑顔や真摯な対応ももちろんですが、はきはきとした大きな声に重点を置いています。
自分は中学、高校と体育会系の部活をやっていたため声を出すのはもともと得意で、レクリエーションの際の利用者様への声かけを任され、全員にしっかりと聞こえるような大声を出すのを特に頑張っています。
その利用者様のADL(日常生活動作)の程度にもよりますが、レクの時にわざと難しい早口言葉を言ったり、大変な体操をするとすごく盛り上がります。
たまに前でやっている私の体操が失敗するのですが、その時は皆さんすごく喜んで笑ってくれます。
笑ってくれたらウケたと思って凄い嬉しく感じますね。
節分のレクもあって、鬼の格好をした私たち職員に利用者様が豆を投げたりするということもありました。
この時も凄い笑顔になってくれて「楽しかったよ」と言ってくれたのが嬉しかったです。
でもおそらく一番楽しんでたのは私かもしれません。
今後の目標はありますか?
もっと実務経験を積んで、介護福祉士の資格を取りたいです。
現在働いているデイサービスではようやくほとんどの利用者様に名前を覚えていただいたのでこれからも一層頑張りたいと思います。
同じところで働いている職員さんで、その人が一言話すだけで利用者様が自然と耳を傾けるような方がいます。
年上のベテランの方で、その人がいる時といない時では施設の雰囲気が変わるほどの力があって、その人のようになって見たいと思っています。
今でこそ、自分にも「頼りになった」「いてくれて助かった」と言っていただける人はいますが、利用者様みんなに言っていただけるようになりたいです。
きらケア派遣

注目の記事

お客様の生活をサポートするお仕事です

お客様の生活をサポートするお仕事です

もともとは工業学校に通っていて …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です